スローウェアライオンのOB-8595H茶について、評価をしているページです!!

スローウェアライオンOB-8595H茶

スローウェアライオンのクロムエクセルレザー使用のエンジニア

僕の所有するスローウェアライオン2足めの、ホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用したモデルです。
見て分かるとおり、エンジニアブーツタイプ(595シリーズ)です。
ソールはセパレートタイプのビブラムソールを使用した特殊なOB-8595Hで、本来のOB-8595Hとはソールの形だけが違うモデルです。

クロムエクセルレザーは、革を曲げると色が薄くなる=オイルが走るのが特徴で、柔軟性があり履きやすく、厚手で耐久性が高く、ワークブーツに向いている革です。

OB-8595H外面

↑ベルトでホールド感などの微調整が可能。
けど不要。だって、そもそも履き心地良いんだもんっ!!

OB-8595H逆外面

↑ブラウンカラーでもどこか独特な茶色具合い。
えっ?手入れ不足じゃないよね?

OB-8595Hサイドジップ

↑もちろんサイド内側にジップを配置。ロングブーツでも脱ぎ履きが簡単です。

セパレートタイプのビブラムソール

↑VIBRAMソールを使用しています。ステッチで文字が隠れちゃってるけどw
本来のOB-8595Hとは違ったソールなのです。

茶色のエンジニアブーツのコーディネート

↑上品なブラウンレザーには、上品なグレー系カーキ色のチノを合わせてみました。
もちろん、デニム全般にも合います。

スローウェアライオンOB-8595Hに対する管理人の評価

僕の手元にあるクロムエクセルレザーモデルと、そうではないモデルを比較すると、やはりクロムエクセルレザーモデルの方が圧倒的に革質が良いです。

その他モデルも十分に良いのですが、クロムエクセルレザーは素人の僕にすら革の品質の良さが伝わってきます。

革質良し、色の風合い良し、デザイン良し、履き心地良し、ブランド良し、と超大満足のエンジニアブーツです。
海外の10万越えのエンジニアを買う必要はないっす!
日本製のスローウェアライオンの方が現実的で履き心地も良いですって!…多分な!

スローウェアライオンって、ワークブーツブランドというよりはワークテイスト取り入れたファッションブーツブランドと僕は捉えていて、やっぱり10万越えの本格的なワークブーツと比べれば劣る部分もあるでしょう。
しかし、このOB-8595Hはワークブーツに適したクロムエクセルレザーを使用しています。
本物のワークブーツと渡り合えるでしょう。…絶対にな!

このページのブーツの簡単な採寸&その他情報

OB-8595H寸法

マッケイ製法。
ヒールの高さは約4cm。
ブーツ本体の高さが約20cm。
全体の高さが約24cm。
履き口は、細めで約30cm。
片足の重さが約870g。
OB-8595Hの「H」は多分、ホーウィン(HORWEEN)社のH。
通常のサイズ感覚で買ったけど、基本的にちょうど良い。
分厚い靴下でキツく感じるときは、サイドジップを下げたままで履いている。


まとめ

僕がこのOB-8595Hを買ったときは40000円弱だったと思いますが、今は約56000円と値上がりしたようです。

そもそも、スローウェアライオン取り扱い店舗のスタッフも、「クロムエクセルレザーで40000円の靴なんて他に無い」と言っていたことがありましたから、以前の価格が安すぎたんです。
実際に、日本のアパレルブランドで、wで始まるアルファベット三文字のブランドのクロムエクセルレザー使用の靴は80000円くらいでしたし。

やっぱりスローウェアライオンは今も昔も良心的価格設定なのです!!

現実的な値段で現実的な買い物をしたいならスローウェアライオンを推します!みなさんも要チェックです!!

スローウェアライオンの商品をamazonで探す

↓このページに掲載したものとはソールだけが違う同型番同色のブーツはこちら!!↓

SLOW WEAR LION [スローウエアライオン] [OB-8595HT] BROWN クロムエクセルレザーエンジニアブーツ


当サイトはスローウェアライオンのブーツをたくさん紹介・評価しています。
色々な形・色のブーツを見ていって下さい。

↑ ページの一番上へ