スローウェアライオンのOB-8594サンドについて、評価をしているページです!!

スローウェアライオンOB-8594サンド

スローウェアライオンのスエードエンジニアブーツ

あまりかっこつけていなくて、ラフに履ける感じのブーツが欲しかったとき、やっぱりスローウェアライオンを頼りにしました。
このOB-8594は、スローウェアライオンのスエードエンジニアタイプの中でも最もシンプルで、カスタムが施されていない基本のデザインのものです。そう、つまり値段も安いっ!

サンド(砂)色ってのも絶妙でした。
もう少し黄色みを帯びた色のスエードはたくさん出回っていますからね。

OB-8594外面

↑もちろん合皮ではなく本革です。

OB-8594逆外面

↑保管が雑だったので少し型崩れ。…少し?

OB-8594サイドジップ

↑当然サイドジップ付き。数秒で脱ぎ履きできます。

スローウェアライオンのクレープソール

↑ソールはクレープソール。

サンド色のスエードブーツのコーディネート

↑デニムと合わせて、さまぁ~ずの大竹さんチックな感じに。
あの人の(スタイリストが用意したものの中から服を選ぶ)センスが好きっす。

スローウェアライオンOB-8594に対する管理人の評価

カスタムをしていない最もシンプルなモデルということで、価格も安く21000円くらいでした。
2万でメイドインジャパンのブーツが手に入るとは、激安すぎたぜスローウェアライオン!!

靴を買い慣れている人からすれば、2万円のブーツって安いと思うでしょう。
大した品質・革質じゃないと思う人もいるでしょう。

でも、僕だって4万円から、一番高い靴で約13万の靴を履いてきた男です。
そんな僕は、スローウェアライオンを「価格以上の価値があるブーツブランド」と評価したからこそ、買い続けて10足集まるまでになりました。

これで2万ならあと5足は欲しいっ!

でも、同型異色のOB-8594R黒より、少し革がひ弱な気がするけど…。

このページのブーツの簡単な採寸&その他情報

OB-8594寸法

ヒールの高さは約3cm。
ブーツ本体の高さが約19.5cm。
全体の高さが約23cm。
履き口は、細めで約30cm。
片足の重さが約700g。
通常のサイズ感で買ったけど、かなりちょうど良い。
OB-8595(表革エンジニア)のスエード版が以前はOB-8594。多分。


まとめ

値段が安いからと言って低品質とは限らないということを教えてくれました。
むしろスローウェアライオンはコストパフォーマンスも、品質も、デザインも十分に満足できるブランドだと思っています。

お手頃価格で、レッドウィングとかとは違って周りとかぶらないブーツブランドを探しているなら、スローウェアライオンを試してみてください。履き心地も抜群ですよ!

スローウェアライオンの商品をamazonで探す


当サイトはスローウェアライオンのブーツをたくさん紹介・評価しています。
色々な形・色のブーツを見ていって下さい。

↑ ページの一番上へ